2020記念大会決勝

投稿者: | 2020年8月1日

8月1日(土)

コロナの影響で1学期の終業式が7月31日になってしまいました。折しも梅雨明けした8月1日は夏本番の暑さが到来。しかし熱いのは気温だけではなく、放送部員の情熱も負けてはいませんでした。中止になってしまったNHK杯コンテストに代わり、2020兵庫大会記念高校放送コンテストの決勝を稲美町コスモホールで盛大に開くことができたからです。盛大にといっても、収容人数は制限されていて、そういう意味では寂しかったかもしれません。でも、音響抜群のホールに、豪華審査員(NHK神戸、ラジオ関西、サンテレビ、KissFM、BanBanネットワークス、フリーアナウンサー、奈良県・大阪府の先生方、部会長)に先輩司会者、さらにはビデオメッセージ(テレビ朝日大西アナ+Mステの並木アナ、朝ドラエール出演中の女優井上さん、Nコン公式サポーターぶんけいさん)もあり、極めて贅沢な気分を味わってもらうことができました。そして決勝進出者には優勝、準優勝、優秀、優良の楯と表彰状が送られました。まるで本当のNHKホールにいるかのような演出を最大限に行ったのです。そしておそらく全国で一番最初の、ライブ発表による代替大会を開くことができた意義も大きいと思います。兵庫県教育委員会はじめ、稲美町教育委員会、兵庫県高校文化連盟の後援をいただき、兵庫県高校視聴覚部会が主催した、全国的にも今年最大の放送イベントだった思います。そしてなんと言っても出場者のみなさんのレベルがきわめて高く、NHKホール決勝とまったく遜色ないすばらしさでした。参加者の皆さん、そして大会運営にご協力いただいたみなさん。本当にありがとうございました。

さて、東播磨高校放送部は7部門中5部門で優勝、残りの2部門も準優勝でした。みんな、ここまで心を折らずによく頑張りました。お疲れ様でした。

〇アナウンス部門 優勝 

〇アナウンス部門 準優勝 

〇アナウンス部門 優秀1名 優良1名 

〇朗読部門 準優勝

〇ラジオドキュメント部門 優勝

〇創作ラジオドラマ部門 準優勝

〇テレビドキュメント部門 優勝

〇創作テレビドラマ部門 優勝

〇研究発表部門 優勝

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です