NHK杯に向けて再スタート

投稿者: | 2021年5月23日

5月23日(日)

中間考査も終わり、かつ大会前のため活動許可も出ましたが、昨日は3年生の模試だったため休みにし、今日は日曜日ですが活動しました。発声の後、久々にみんなでマンツーマン練習を行いました。その後、1年生は初めての昼放送「1年生特番」の録音、そして2,3年生は大会出品用のアナウンス・朗読を録音し、CDを焼く作業を行いました。時間が制限されているので、みんな必死です。それでもやっぱり、みんなで活動できることは幸せで、笑顔がたえませんでした。

※昼放送は明日から再開します。25日(火)~31日(月)は3年生の最終昼放送(生放送)となります。また6月1日(火)~3日(木)は今回1年生だけで頑張っているチャレンジ放送をお送りします。こちらは録音です。どうぞあたたかい耳でお聴きください。

今回もアクリル板とフェイスシールドを使って、感染対策をとりながら練習しました。

1年生の昼放送録音風景。3つの班に分かれて、順番に録音していました。なんだか楽しそうですね。どんな出来になるのでしょうか。

2人1組で録音した後、自分でCDを焼きます。デスクトップパソコンだけでは足らず、ノートパソコンも使って6か所くらいで作業していました。初心者の1年生や、初心者じゃないけど機材の扱いに慣れていない2年生はけっこう四苦八苦していました。でも、自分でやるからこそ技術が身につくのです。

5月24日(月)

今日はGWの続きでラジオ関西・津田アナとズームでお話ししました。前と違うのは、みんなで一緒に話を聞くことが出来たことです。そして、いろいろアドバイスをしてもらって元気をいただきました。ありがとうございました。

5月27日(木)

生徒会長選挙の演説会が(も?)放送で行われました。現生徒会長、選挙管理委員長と新会長候補が放送室にスタンバイ。司会進行とミキサー、ディレクターは放送部で、この行事を進行しました。その後、投票の時間を少しおいて、次は熱中症予防の講演会を引き続き放送室から実施しました。今度は見学に入っていた1年生が、2年生の指導を受けながらミキサー、ディレクターをやりました。早くMCもつとまるようになってね。

5月29日(土)

地区大会1週間前です。本来なら直前の合同練習会を実施する時期ですが、練習試合は禁止されていて実施できません。代わりに校内で合同練習のような練習を行いました。最初はグループで課題文の発表会、続いて大会出場者によるミニコンテストを行いました。そして最後は小野高校とズームをつないでエールの交換というスケジュールでした。音声がうまくつながらなかったようでしたが、久しぶりに小野高校の皆さんの顔が見られて嬉しかったです。

6月2日(水)

今日はテレビ朝日の大西洋平アナウンサーにズームをつないで、高校時代に全国優勝した思い出や部員へのアドバイスなどを話していただきました。そして嬉しいことに、特別ゲストとして「マツコ&有吉かりそめ天国」のMCで有名な久保田直子アナウンサーも参加していただけました。お忙しい中、本当にありがとうございます。アナウンサーのお仕事の話や番組の話なども聞かせていただいて、みんなとても元気になりました。そしてやる気になりました!東京でまた会える日を楽しみに、頑張ります!ありがとうございました!!

6月4日(金)

いよいよ地区大会直前になりました。今日は出場選手が恒例の決意発表を行いました。去年の中止があったため、3年生も2年ぶりのNコン、2年生は初めてのNコンになります。無事に大会があることの喜び、そしてそこにかけてきた2年分の思いを話すうちに、自然に涙が出てきてしまう部員もいました。でも、その強い思いは読みや番組に乗って聴いている人の心を打つはずです。みなさん、これまでよく頑張りましたね。本番はぜひ、気持ちよく思いっきり発表して、Nコンを楽しんでください。

写真は上からアナウンスチーム、朗読チーム、ラジドキュチーム、ラジドラチームです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です