全国大会出場者記念イベント開催

投稿者: | 2021年7月18日

7月18日(日)

今年のNHK杯はデータ審査で行われるため、せっかく全国出場となっても、その後読む機会も、交流する機会もありません。例年ならばみんなが集まって一緒に練習し、学校の枠を越えて仲良くなったり、団結したりするのですが、県大会終了後、まったく会うチャンスすらないので、この企画を考えました。アナウンス・朗読で全国大会に出場したメンバーのたった1回きりの交流イベントです。受験勉強やコロナ不安もある中、兵庫県チームは24名中22名の出席率でした。さすが、兵庫県!ありがとうございます!そしてありがたいことに、大阪からも5名、奈良からも6名参加があり、3府県合同33名のビッグイベントになりました。会場は、いつもお世話になっている神戸電子専門学校さんがソニックホールを貸してくださいました。感謝感謝です。

プログラムは自校&自己紹介大会から。みんな「緊張してしゃべれない」と言いながら、マイクの前に立つと、しゃべるしゃべる。予定時間をオーバーしてしまいました。続いて、県や学校の枠を越えて特別編成した6チームで、早口言葉ラジオドラマの発表会。2人の先生につけてもらった点数200点満点に、時間の早かったチームから、50点、40点、30点、20点、10点の加算(最下位は0点)、噛んだ回数×5点の減点で競い合います。さすが一流の放送部員ばかりがそろっているので、メチャクチャややこしい早口言葉をものともせず、すごいスピードでこなしていく姿はまさに芸術品でした。とてもおもしろく、楽しかったです。お昼休みに出場メンバーとスタッフで記念写真を撮りました。

午後からは自分のNコンの原稿の最終披露。おそらく人前で読むのは今日が最後だったはず。そして県大会では時間の関係で入れられなかった課題原稿もあり。「えーったいへん」と言いながら、みんな楽しんでいたかも。本当に放送部員達はたくましいですね。さらに、今回は個人だけではなくチーム戦も兼ね、兵庫の1,2地区連合軍VS3,4地区連合軍VS大阪チームVS奈良チームのそれぞれの平均点でチーム優勝も決めました。(3,4地区連合軍が優勝)集計結果を待つ間は、東播磨高校1,2年生スタッフによるクイズ大会を実施。豪華?賞品もありだったので、結構盛り上がりました。ご協力ありがとうございました。そしてスタッフのみんなも、朝の受付や生徒審査員などいろいろ動いてくれて助かりました。ご苦労様でした。

 

終了後は風見鶏の館へ。東京観光はできないけど、せめて神戸観光です。頑張ったご褒美に、日本一の六甲牧場ソフトクリームを静かに黙って食べました。みなさん、本当にありがとうございました。

7月20日(火)

昨日は球技大会、今日は終業式と学期末は毎日、放送部の仕事があります。今回、はじめて式典の司会を1年生が担当しました。緊張して失敗もありましたが、まずは第一歩を踏み出したということで・・・放送部の壮行会もありました。ありがとうございました。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です